体を動かすのも発散の一つ、運動もしてみよう

早めの治療があなたを救う

バランスが崩れると

人間の感情は神経伝達物質がコントロールをしていると言われています。しかし、この神経伝達物質の働きが崩れてしまうとうつ病になってしまうのです。治療費は5000円ほどします。

もっと読む

理解がある

以前はうつ病に関して理解出来ない方が多かったですが、近年は様々な知識がある為理解してくれる方も増加してきました。様々なことが原因でうつ病になる為、原因を把握してしっかりと治療をしていきましょう。

もっと読む

環境づくり

職場環境や人間関係が原因でうつ病になってしまう場合があります。上司との関係が良いとうつ病を防ぐことが出来る可能性がある為、上司は社員が馴染みやすい環境をつくることが非常に大切です。

もっと読む

協力してもらう

真面目な方は脳内に分泌されるホルモンバランスが崩れる為、うつ病になりやすいです。医療機関へ行き治療をすることは重要ですが、周囲の人に協力をしてもらい治療をすることも重要だと言われています。

もっと読む

失恋から立ち直る

失恋など耐え切れないことがあった場合に、うつ病になってしまうことがあります。まずは、失恋から立ち直ることも大切なのではないでしょうか。そうすることで、症状を緩和させることが出来る可能性があります。

もっと読む

ジムへ行ってみよう

スポーツを通して取り組めるサービス

うつ病は主に精神疾患に分類される病気です。 それゆえ、うつ病患者に向けられたサービスといわれると、なんとなく医療系のサービスを 想像してしまうものです。 もちろん、それも誤りではありません。 現に、うつ病患者は自立支援制度や公費による医療費控除などの自己負担費用の 減額サービスが受けられるシステムがあるからです。 しかし、減額でサービスが受けられるのは医療機関だけではありません。 うつ病を、「身体から治す」という観点があります。 それに基づき、多くのフィットネスジムやスポーツクラブでは うつ病の患者向けにセミナーやトレーニングメニューを組んでいます。 うつ病になると、一人で抱え込むように悩む時間が増え、ネガティブ思考をする量が増します。 それが原因でさらに病状を進行させてしまう悪循環に陥ります。 うつ病の主な原因は精神的なストレスだとされています。 ネガティブ思考が原因でのうつ症状を打破するべく、健全に身体を動かすことで 悪い思考を根本的になくしていこうという取り組みなのです。

身体を動かすことがうつ病に有効なのか

うつ病になってしまう経緯、つまりその原因は患者によって十人十色です。 しかし、うつ病になることで何もかもに無気力で、否定的な反応ばかりしてしまい、 さらにはそんな自分を嫌悪してしまう「自責の念」に駆られて次第に自信をなくしてしまいます。 その解決法として身体を鍛えることが有効な理由はいくつかあります。 もっとも考えられるのは「自信を取り戻すことができるから」というものです。 うつ病にかかってしまい、肉体的な活動量が減ると、その代わりに悪い意味で思考が活発化します。 運動を通して肉体にしなやかさが戻ってくるどころか、健康だったころよりも強い肉体を 作り上げることができるようになるので、自信がみなぎってくるのです。 もう一つは、運動することそのものに爽快感があるからです。 よく、朝日の中を散歩したりすると気持ちがいいといわれるような感覚です。 この感覚をもたらすホルモンは、発症の原因となる精神的ストレスを緩和する働きがあるのです。 こうした理由に含め、薬などの化学製品に頼らずに済むいたって健全な取り組みであることから ジムなどでの運動による治療がポピュラーになりつつあります。

ストレスをためない姿勢も大切

うつ病の原因は、正確に解明されているわけではありません。神経物質が影響していると考えられていますが、原因に関しては研究が勧められている途中の点も多いのです。正確な解明がされているわけではありませんが、うつ病の原因の一つとして過度のストレスが影響しているといわれています。ストレスが影響しているので、うつ病になるリスクを回避するためにも、私生活においてストレスをためないようにすることも大切です。ストレスというのは、仕事や家庭環境など、様々な状況でたまってしまうものです。ストレスをためこみやすい性格の人もいるからこそ、自分なりのストレス発散法を見つけることも必要です。自分なりのストレス発散方法を実践することによって、ストレスをためこまないことにつながります。

どんな性格の人がうつ病になりやすいのか

うつ病になりやすい人の性格の特徴として、真面目で仕事熱心な方があげられます。また、責任感が強く完璧主義者の方もうつ病になりやすい性格となります。性格が原因でうつ病になりやすいというわけではありませんが、自分の性格と関連付けてうつ病に関する正しい知識を持っておくことも必要です。正確に原因が解明されている病気ではありませんが、うつ病はどんな人でもなりうる病気です。ですが、決して治らない病気というわけではありません。どんなにストレスをためこまないように努力していても、ふとしたきっかけで発症してしまうこともあります。原因を知ってうつ病を予防することも大切ですが、発症したからといって恥ずかしがらずに治療に専念することも大切です。